東京都個人タクシー協同組合 練馬支部

東個協 練馬支部
 

+menu-

勉強会情報

東個協練馬支部勉強会勉強会

当支部では個人タクシー事業者を目指す方を募集しています。

 当支部では地理試験にも万全な受験体制をとっています。

 

勉強会のご案内

勉強会開催日 毎週日曜日(支部行事と重複場合を除く)
地理講習 午前10時から

法令講習 午後1時から

見  学  歓  迎 勉強会実施日にお越し下さい。

(支部行事と重複する場合は不可)
電話でご確認下さい。

駐車場が完備しておりますので自動車、オートバイ、自転車、徒歩等、ご自由な方法で通う事が出来ます。

「個人タクシーを目指す方!」 とにかく練馬支部まで一度ご連絡下さい。ご相談に応じます。

練馬支部 所在地・電話番号は練馬支部ご案内をご参照下さい。

 

運転経歴要件

運転経歴

 

申請時の年齢によって異なります。
概略として、タクシー・ハイヤー事業者に運転者として雇用されていた期間が10年以上であり、
申請日以前3年間無事故無違反でなければなりません。

 

譲渡譲受試験について

平成27年1月15日付け一部改正により、譲渡譲受認可申請の試験回数等について、下記のとおり変更となりました。なお、平成27年4月1日以降に受け付ける申請について適用されます。

1.      試験の実施時期

【事前申請】

地理無し

申請 12月 → 試験  3月

申請   4月 → 試験  7月

申請  8月 → 試験 11月

地理有り

申請 8月 → 試験 11月

 

【申請後試験】
地理無し

申請10月~1月 → 試験 3月 → 5月処分

申請  2月~5月 → 試験 7月 → 9月処分

申請 6月~9月 → 試験11月 → 2月処分

地理有り

申請 3月~9月 → 試験 11月
2.      試験回数

1回の申請について、1回。不合格の場合には却下処分。

3.      地理試験免除要件

①     申請する営業区域において、申請日以前継続して10年以上タクシー・ハイヤー事業者に運転者として雇用されている者で、申請日以前5年間無事故無違反であった者(雇用先の変更に伴う離職期間の合計は30日以内)

②     申請する営業区域において、申請日以前継続して15年以上タクシー・ハイヤー事業者に運転者として雇用されている者(雇用先の変更に伴う離職期間の合計は 45日以内) なお、申請日以前3年間及び申請日以降の道路交通法の無違反は求められます(申請日の1年前以前における1回1点は処分を受けていないものとみなされま す)

 

★当勉強会は東京都個人タクシー協同組合の一支部である練馬支部の一事業として運営されています。

★個人タクシー開業を目指している皆さんを広く募集し、当練馬支部所属の事業者となって頂く事を目的とし、皆さんの受験勉強のお手伝いから開業申請・試験・合  格・開業準備・開業まで誠意を持って力強くサポートしています。

★講師陣は直近の試験合格者、つまり最新の試験で合格した成績優秀な方を選抜し皆さんの講師を担当して頂いています。

★法令は勉強の進み具合によって、教室を新入生・一般・受験直前の3つに分けています。

★組合員数日本一の規模により快適な受験環境が確保されています。

★法令試験はもちろん地理試験対策については特に重点をおいた講習を行なっています。

★個人タクシーを目指している方からのご相談、ご質問は専門知識を持った担当の職員がお答えします。

★見学・ご相談もお受けいたします。勉強会開催日にお越し頂ければ担当理事が直接対応いたします。

 

関東運輸局の過去の問題をもとに作成された練習問題を基本に勉強していただきます。

・最寄駅(一択問題)
ある施設名が設定されその施設からの最寄り駅の駅名を問う問題・幹線道路主要幹線道路が指定され、その道路主な経過地点の名称を問う問題

・幹線道路と交差点(幹線問題)
営業区域内の主要幹線と交差点名を問う問題

・高速入口(高速問題)

出発地から到着地が設定されたうえで最寄の高速の入口名を問う問題

・施設名捜し(宝問題)
地図上に記号が記された上でその記号の場所にある施設名を問う問題

 

関東運輸局の過去の問題をもとに作成された練習問題を基本に勉強していただきます。

第1ステップ
・本読み
 教本をもとに法令を理解し勉強する第一ステップ
道路運送法・同法施行規則・同法運輸規則
道路運送車両法・同法保安基準
タクシー業務適正化特別措置法・同法施行規則・同法運輸規則その他

第2ステップ
・法令練習問題

勉強会講師が作成した試験範囲の法令について本試験同様に○×形式で答える問題

・書き込み練習問題
関東運輸局の本試験のなかの語群選択問題に対応するための練習問題
本試験では試験範囲の中の1条文を選びその条文の一部を(    )で囲い空欄とし、その部分を試験問題に記されている語群の中から選ぶという問題に対する条文 を書いて覚えるための練習問題。

法令試験 出題数 45問 合格基準 41問以上 試験時間 50分

地理試験 出題数 30問 合格基準 27問以上 試験時間 60分

出題数に対し正解率が90%以上と定められてます。

当勉強会では試験に確実に合格できるように勉強期間を地理試験がある方は約12ヵ月 地理試験免除の方は約 6ヵ月を基準に構成されています。
しかし、勉強期間の基準はあなた次第です。
この基準の半分で合格に必要な実力がつく方もいますが反面、他の方より倍の期間を必要とする方もいます
要するに自分次第です、年齢の高い方でも若い方と同じように勉強の進む方もいます。

財団法人 東京都個人タクシー協会 ホームページをご参照下さい。

 

①年齢が65歳以上75歳未満であること

②年齢が65歳未満で傷病等により事業を自ら遂行できない正当な理由があること

③年齢が65歳未満で、20年以上個人タクシー事業を経営していること

 

業務期間:平成29年6月1日 ~ 平成30年5月31日
総   括  大﨑 文明


© 2013. My Company. All Rights Reserved.

 

コメントは受け付けていません。